住宅基礎工事

(シングルべた基礎)


一般のシングルベタ基礎の工事の流れを簡単にご紹介いたします。

●工事着工前

 

障害物の有無など現地の状況を確認し、施工計画をたて基礎工事を開始します。

●丁張(遣り方)

 この丁張には、高さ・壁芯・幅など、これからの工事に必要な様々な印があり、そこには釘が打たれています。現場の状況によっては遣り方を省略し、別の方法で位置だしや高さを決めていくことがあります。

●掘削

 

梁部分、スラブ部分を順次掘削していきます。

 

●砕石転圧(締め固め)

敷き均した砕石をよく締め固めます。

①最適撒き出し厚

②最適締固め用機械

③最適含水比 の管理に注意が必要です。

 

●砕石地業完了

 

●防湿シート敷き

 土間シート敷きは、工務店・メーカーによっては施工が不要な場合もあります。

地業面への降雨の影響を緩和する効果もあります。 

●配筋

 

設計図に従い鉄筋を配置し結束します。

かぶり、あき、ピッチ等に注意しながら丁寧に組んでいきます。

 

●コンクリート打設(スラブ)

 

スラブ部分のコンクリートを打設します。

バイブレーターでよく締め固めを行います。

材料の分離のないよう配慮する必要があります。

 

●型枠組立(内部立上り)

 

墨出しをし、内部型枠を施工します。

 

 

●コンクリート打設(立上り)

 

立上りのコンクリートを打設します。

現場の状況に応じて、ポンプ車、クレーン、シュート、一輪車などを使い分けます。

●養生

 

外気温や日射の影響を受けないよう養生を行います。

●精度確認

 

脱枠後には精度の確認をします。

基礎幅、基礎高、天端高、アンカー位置など

●完成

 

外部の埋め戻しを行い、基礎の中を清掃し完成です。